日本での看護師の年収は平均437万円程度です。で

日本での看護師の年収は平均437万円程度です。
でも、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員としての勤務であるため、年収は平均すると、593万円ほどになるでしょう。
公務員看護師は給料のアップ率も民間の病院より高く、福利厚生の面でも充実しているのです。
準看護師だと、看護師よりも平均年収が70万円くらい低いでしょう。
高齢化が進み、福祉施設でも看護師の必要性は多くなってきているのです。
それに、大手の会社になると看護師が医務室などにもいて、健康相談や健康診断、精神的ストレスなどのケアを実施しています。
こういった場合には、その会社組織の社員として入社をすることもあるでしょう。
看護師の勤め先といえば、病院と考えるのが一般の考えでしょう。
しかしながら、看護師の資格を活かせる職場は、病院以外にもいっぱいあります。
保健所で保健師と協力し、地域の住民の健康上の様々なサポートをするのも看護師の仕事です。
また、福祉施設にはドクターが常駐しているところは少なく、医療行為の大半を看護師がやります。
看護師の転職を成功させるには、将来のことを考慮して早めに行動を起こすことが大切です。
そして、どんな条件を重要視するのかを決定しておいた方がいいでしょう。
将来の自分の姿を明確にして、その希望に合った転職先の情報をちょっとずつ収集してください。
給与額に職場環境、勤務形態など、自分にとって譲れない条件も数え上げておきましょう。
看護師の勤務体制は、他の職種に比べると特殊な体制であり、勤め先によっても異なってきます。
現場では一般的に、勤務が2交代、あるいは、3交代のシフト制になっている場合が多いでしょう。
2交代制で約3割、3交代制では約7割となっており、かなり3交代制の病院が多いですね。
しかしながら、2交代制の方が休みが多く取れるため、2交代制がいいと思う看護師も少なくありません。