日本全国の看護師の年収は平均して4

日本全国の看護師の年収は平均して437万円ほどです。
しかし、国立や私立や県立等の公立病院で働く看護師は、公務員勤務であるため、年収は平均593万円ほどになるのです。
公務員看護師は給料UP率も民間より高く、福利厚生の面でも充実しています。
準看護師の場合、看護師に比べて、平均年収が70万円程度低くなります。
看護師産業看護師とは、企業を職場とする看護師です。
看護師と聞けば病院、それに、クリニックの印象を持つ人が多いですが、医務室が置かれている企業もあり、そこで働いている人もいます。
具体的な仕事内容やその役目は勤務先ごとに違いますが、従業員の健康を守り、管理することは基本的な仕事と考えてください。
看護師の職場といえば、病院という想像がオーソドックスでしょう。
ですが、看護師の資格を活かせる職場は、病院だけでなく色々とあります。
保健所で、保健師の方と協力して、地域の住民の様々なヘルスケアをするのも看護師の役割です。
それと、福祉施設には医師常駐のところは少なく、医療行為の大半を看護師がやります。
看護師国家試験に受かるよりも、むしろ、看護学校を卒業することの方が困難という人も多いです。
看護学校は大変厳しく、レポートを出すのが少しでも遅れたり、テストに通らなかったといったちょっとしたことで留年してしまうようです。
それほどに厳しい学校を卒業し、国家試験も見事に合格した方には、ぜひとも看護師の仕事についてほしいものですね。
看護士になりたい理由は本当に何をきっかけにして看護師になりたいと思ったのかを交えるようにすると、イメージが良くなるものです。
転職の時の理由はこれまでに蓄えたスキルを有効活用したいさらに人の役に立つスキルを習得したいなど、前向きな印象を人に持たせられるようにすることが大切です。
前の勤務先に関するネガティブなことは口にしないほうがいいです。