現代は高齢化が進んで看護師は福祉

現代は高齢化が進んで、看護師は福祉施設でも需要が拡大してきているのです。
さらに、大きな会社になると医務室等にも看護師がいて、健康診断や相談、ストレス等のメンタルケアを実施しております。
このようなケースは、その企業の社員として入社するといったこともあるでしょう。
日本での看護師の年収は平均すると、437万円くらいです。
けれども、国立とか私立、県立などの公立病院で働く看護師は、公務員勤務であるため、年収は平均して593万円ほどになります。
公務員看護師は給料のアップ率も民間病院より高くて、福利厚生の面でも充実しているのです。
準看護師の場合、看護師に比べて、平均年収が70万円程度低くなります。
産業看護師とは一般企業で働く看護師のことを指します。
看護師といえば病院やクリニックをイメージする人が多いですが、医務室が置かれている企業もあり、そういう場所に勤務している人もいます。
仕事の中身、役割といったことは勤務先ごとに違いますが、従業員の健康維持と健康管理は基本的な仕事でしょう。
修学旅行やツアーなどに随行して、怪我や病気に対しての応急処置や病院の手配をする看護師もいます。
子供のいる既婚者は土日に休めたり、夜勤なしの職場を希望しているものです。
病院ではないところで働くのであれば、その職場に適した専門の知識を有している認定看護師や専門看護師の資格があれば、採用が決まりやすくなります。
看護師の勤務の形態は、他の職業に比べてかなり特殊であり、その上に職場によっても変わります。
現場では一般的に、2交代制か3交代制のシフトで回しているという病院が大半です。
2交代制で約3割、3交代制では約7割となっており、3交代制の病院の方が多いといえます。
しかし、2交代制の方が休日が多いため、2交代制の方が人気があります。