看護師の働き先といえば病院と考えるの

看護師の働き先といえば、病院と考えるのが一般の考えでしょう。
しかし、看護師の資格を活用できる職場は、病院の他にも色々とあります。
保健所で保健師と協力し、地域の住民の健康上の色々なケアをするのも看護師の職務です。
また、福祉施設の中には医師が常駐しているところは少なく、大概の医療行為を看護師が行います。
看護師が転職をするにあたっては、未来のことを考え、迅速に行動を起こす必要があります。
さらに、何を重点的に考えるのかを決定しておいた方がいいでしょう。
未来の自分の姿を明確に思い描いて、その希望が叶えられそうな転職先の情報をちょっとずつ集めてください。
給与額とか職場環境、勤務形態など、自分にとって重要な条件も数え上げておきましょう。
当直は看護師の場合、16時間にもおよぶ長い時間の勤務となっていて、勤務中でも仮眠をとることが可能です。
国の指針により月に8回までと定められていますが、現状ではそれを超える場合が多いようです。
勤め先の勤務形態によっては、生活がとても不規則になってしまったり、過労になりやすいのも、看護師を辞める割合が高い理由のひとつだと思われます。
看護師の国家試験にパスするよりも、看護学校を無事に卒業することの方が難しいことだという人もたくさんいます。
看護学校はそういわれるほど厳しく、レポートが遅れてしまったり、試験に通らなかったなどのちょっとしたことでも留年が決まってしまうようです。
それほど厳しい学校を卒業し、看護師国家試験にも合格した人は、できれば、看護師の職についてもらいたいですね。
高校入学時に衛生看護科に進むと、国家試験の受験資格を他の方法よりも早く手に入れられるため、一番早く、看護師の資格を得ることができるでしょう。
ただ、途中で進路変更を考えても変更するのは簡単ではありません。
また、受験資格を得るまでには、最低5年でいいのですが、準備期間が足りないために勉強したり、実習をこなす量が少なくて試験に合格するのが簡単ではないという面もあるそうです。