看護師の国家試験にパスするよりもむ

看護師の国家試験にパスするよりも、むしろ、看護学校を卒業することの方が困難という人も多いです。
看護学校はかなり厳しく、レポートを出すのが少しでも遅れたり、テストに落ちてしまうなど、ちょっとしたことで留年させてしまうようです。
そういう厳格な学校を卒業して、国家試験も見事に合格した方には、できれば、看護師の職についてもらいたいですね。
看護士の求人情報は豊富にありますが、希望に沿う条件での求人があることは少ないでしょう。
看護師の資格を所持している方で就職できればいいと思っている方は多くないでしょう。
できれば給料が高額で、職場環境が良く、夜勤のないところで働きたいとほとんどの方が思っています。
望み通りのところに転職するには、情報収集が重要です。
日本全国の看護師の年収は平均437万円程度です。
しかし、国立や私立や県立等の公立病院で働く看護師は、公務員勤務であるため、年収は平均593万円ほどになるのです。
公務員看護師は給料UP率も民間病院より高くて、福利厚生も充実しているのです。
準看護師の場合、看護師よりも平均年収が70万円ほど低いのです。
看護師の勤務しているところといえば、病院だと思うのが普通でしょう。
でも、看護師の資格を持った方が役立てる職場は、病院以外にも多々あります。
保健所において保健師と連携し、地域住民の健康上の様々な手助けをするのも看護師の務めです。
それから、福祉施設には医師が常駐しているところは多くなく、大抵の医療行為を看護師が行います。
高校入学時に衛生看護科に入学すると、他の方法よりも早く、国家試験の受験資格を与えられるので、看護師の資格を得るのが、一番早いでしょう。
ですが、途中で看護師になりたいという気持ちがなくなっても変更は困難です。
それに、最低で5年あれば試験を受けることができますが、準備期間が足りないために試験勉強や実習が不足して合格が困難という側面もあります。