看護師の国家試験は年に1度あります。看護師の人数の

看護師の国家試験は、年に1度あります。
看護師の人数の不足が問題視されている日本のためには喜ばしいことに、ここ数年における看護師資格の合格率は90%前後とかなり高い水準を持ち続けています。
看護師の資格のための国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験とは異なり、一定のラインを超えることができれば合格できる国家試験です。
当直は看護師の場合、16時間にもおよぶ長い時間の勤務となっていて、勤務中でも仮眠をとれることになっています。
月に8回までと国の指針によって決められていますが、現状ではそれを超える場合が多いようです。
勤め先の勤務形態によっては、とても不規則な生活を送るようになったり、疲れて体調を崩す人が多いのも、離職する看護師が多い理由のひとつだと思われます。
日本全国の看護師の年収は平均して437万円くらいです。
けれども、国立とか私立、県立などの公立病院で働く看護師は、公務員勤務であるので、年収は平均593万円ほどになるのです。
公務員看護師は給料の上昇する率も民間病院よりも高く、福利厚生の面でも充実しています。
準看護師の場合だと、看護師よりも平均年収が70万円ほど低いのです。
産業看護師は従業員の健康が保てるように保健の指導やメンタルケアもして、うつ病の防止に努めます。
産業看護師は求人の公開が一般にされていませんから、ハローワーク等で見つけるのは難しいでしょう。
興味がある場合は看護師専用転職サイトを利用してください。
そういうサイトなら、産業看護師の募集もたくさん掲載されています。
看護師国家試験に合格するよりも、看護学校卒業の方が難しいことだという人もたくさんいます。
看護学校はそれほど厳しく、レポートが遅れてしまったり、テストに落ちるなどの些細なことでも留年が決まってしまうようです。
それほど厳しい学校を卒業し、国家試験も見事に合格した方には、ぜひとも看護師の仕事についてほしいものですね。