看護師の場合勤務の形態が他の職業に比べてかなり特殊

看護師の場合、勤務の形態が他の職業に比べてかなり特殊な上に、職場によっても違ってきます。
現場では一般的に、2交代、または、3交代制のシフトが組まれているという勤務先も多いものです。
約3割が2交代制、約7割が3交代制なので、3交代制を取り入れている病院が多いです。
ただ、休日が多いのは2交代制ですから、2交代制の方を求める看護師も多いでしょう。
看護師の資格を手にするには、何通りかのパターンがあります。
看護師免許を手にするためには、国家試験を受験することが必要ですが、いきなりは受験できません。
試験を受ける資格を手に入れるためには看護専門学校(3年間)とか看護系の短大(3年間)でなければ、看護系の大学のいずれかで、看護について勉強することが必要です。
看護師の勤めているところといえば、病院と想像するのが一般の考えでしょう。
しかし、看護師の資格を使える職場は、病院以外にも様々あります。
保健所では、保健師と連携し、地域の住民の健康上の様々なサポートをするのも看護師の仕事です。
それから、福祉施設には医師が常駐しているところは多くなく、医療行為は看護師が行うことが多いです。
高校進学時点で衛生看護科を選ぶと、他の方法よりも早く、国家試験の受験資格を与えられるので、看護師の資格を得るのが、一番早いでしょう。
しかし、途中で違う進路を考えだしても変更は困難です。
また、試験を受けるまでには最短5年でいいのですが、試験までの期間が短いために試験に向けた勉強や実習が不足するために合格が難しいという欠点もあるでしょう。
看護師の転職で失敗しないためには、将来のことを考慮して迅速に行動することが大切です。
また、どんな点を重視するのかを決めておくのがオススメです。
将来の自分の姿を明確にして、その希望に沿った転職先の情報をちょっとずつ集めてください。
年収や職場環境や勤務形態など、自分にとって重要な条件もピックアップしておきましょう。