看護師の夜勤は16時間などの長い拘束時間となっ

看護師の夜勤は、16時間などの長い拘束時間となっていて、勤務中でも仮眠をとれることになっています。
月に8回までと国の指針によって決められていますが、それを超えることが多いのが現状です。
勤め先の勤務形態によっては、規則的な生活ができなくなったり、体調を崩しやすいのも、看護師が長続きしない理由の一部と思われます。
看護師の勤務体制は、他の職種に比べると特殊であり、就職先によっても変わります。
仕事場においては一般的に、2交代、もしくは、3交代のシフト制になっているという病院が大半です。
2交代は大体3割、3交代制は大体7割となっていて、3交代制のシフトの病院が多いでしょう。
でも、2交代制の方が休みが増えるので、2交代制の方がいいと考える看護師も多いことでしょう。
全国での看護師年収は平均して437万円くらいです。
ただ、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務であるため、年収は平均593万円ほどになるのです。
公務員看護師は給料のアップ率も民間病院より高くて、福利厚生の面でも充実しています。
準看護師の場合だと、看護師より、平均年収が70万円くらい下がります。
看護士の求人はいくらでもありますが、希望と一致する条件の求人が存在するとは限りません。
看護師の資格を所持している方で就職できればいいと思う方は少ないでしょう。
可能な限り高い給料で、職場環境が良く、夜勤のないところで働きたいとほとんどの方が思っています。
理想的な転職先で働くためには、情報収集が重要になるのです。
看護師国家試験に合格するよりも、むしろ、看護学校を卒業することの方が難しいことだという人もたくさんいます。
看護学校はかなり厳しく、レポートの提出がちょっとでも遅れたり、テストに落ちてしまうなど、ちょっとしたことで留年させてしまうようです。
それほど厳しい学校を卒業し、看護師国家試験にも合格した人は、ぜひ看護師の職に就いてほしいですね。