看護師の当直が16時間などにおよぶ長時間勤務

看護師の当直が16時間などにおよぶ長時間勤務となっていて、勤務中の仮眠が取れます。
月に8回までと国の指針によって決められていますが、それを超えることが多いのが現状です。
仕事をしている病院の勤務形態では、生活がとても不規則になってしまったり、過労になる人が多いのも、看護師が高い割合で離職していく理由のひとつだと思われます。
産業看護師は働く人の健康のために保健の指導などをしたり、メンタルケアもして、うつ病の防止に努めます。
産業看護師は求人の公開が一般にされていませんから、ハローワークで見つけようとするのは無理かもしれません。
興味を持った人は看護師専用転職サイトを利用してください。
看護士転職サイトには、産業看護師の求人なども多数紹介されています。
看護士を志望する理由は実際、どんなことをきっかけにして看護師を目指すようになったのかを交えるようにすると、イメージが良くなるものです。
転職の理由はこれまでに培った経験を有効活用したいより誰かの役に立つ技術を身につけたいなど、ポジティブなイメージを持たせられるようにしてください。
これまでの職場に対するマイナスのことは口にしないことが大切です。
全国において、看護師の年収は平均して437万円ほどです。
ただ、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務のため、年収は平均すると、593万円くらいになります。
公務員看護師は給料のアップ率も民間より高く、福利厚生の点も充実しています。
準看護師の場合、看護師よりも平均年収が70万円くらい低いでしょう。
看護師国家試験に合格するよりも、断然、看護学校を卒業する方が難しいと思う人も多いといわれています。
看護学校はそういわれるほど厳しく、レポートが遅れてしまったり、テストに落ちてしまうなど、ちょっとしたことで留年させてしまうようです。
厳しい学校を卒業して、国家試験もパスした方には、できれば、看護師の職についてもらいたいですね。