看護師の当直が16時間などにおよぶ長時間勤務と

看護師の当直が16時間などにおよぶ長時間勤務となっていて、仮眠を勤務時間中にとることができるのです。
月に8回までと国の指針によって決められていますが、それ以上になってしまうことも多いです。
勤めている病院の勤務シフトによっては、生活がとても不規則になってしまったり、過労になる人が多いのも、長続きしない看護師が多い理由の一部かもしれません。
日本での看護師の年収は平均して437万円ほどです。
けれども、国立とか私立、県立などの公立病院で働く看護師は、公務員としての勤務であるため、年収は平均593万円ほどになるのです。
公務員看護師は給与の上がる割合も民間より高く、福利厚生の面でも充実しています。
準看護師の場合、看護師より、平均年収が70万円くらい下がります。
看護師の勤務体制は、他の職種に比べると特殊であり、就職先によっても変わってきます。
職場では一般的に、勤務が2交代、あるいは、3交代のシフト制になっているという病院が大半です。
2交代は大体3割、3交代制は大体7割となっていて、3交代制を導入している病院が多いのです。
ただ、休日が多いのは2交代制ですから、2交代制を望む看護師も多いです。
看護士の求人情報は何件もありますが、希望に見合う条件の求人があることは少ないでしょう。
看護師の資格を持っている方でとにかくどこでもいいから就職したいと思っている方は少ないです。
なるべく給料が高くて、職場環境が良く、夜勤がないところに勤めたいと思う方が多いです。
希望通りの病院などに転職するには、しっかり情報を集めることが重要でしょう。
産業看護師とは、従業員が健康に仕事に従事できるように保健の指導などをしたり、うつ病防止のメンタルケアも行います。
産業看護師の求人募集は一般に公開されないため、職業紹介所で見つけるのはほぼ不可能です。
興味を持った人は看護師専用の転職サイトをチェックしてみてください。
転職サイトでは産業看護師の募集もたくさん掲載されています。