看護師の当直というのは16時間にもおよぶ長い拘束

看護師の当直というのは、16時間にもおよぶ長い拘束時間となっていて、勤務中の仮眠が取れます。
国の指針では、月に8回までとされていますが、それを超えることが多いのが現状です。
仕事をしている病院の勤務形態では、規則的な生活ができなくなったり、疲れが抜けにくかったりするのも、長続きしない看護師が多い理由のひとつと考えられます。
日本全国の看護師の年収は平均すると、437万円くらいです。
でも、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員としての勤務であるので、年収は平均して593万円くらいになるのです。
公務員看護師は給与の上がる割合も民間病院より高くて、福利厚生の面でも充実しています。
準看護師の場合であると、看護師より、平均年収が70万円くらい下がります。
高校進学時点で進学先が衛生看護科だと、他の方法よりも早く、国家試験の受験資格を与えられるので、看護師の資格を得るのが、一番早いでしょう。
ただ、途中で進路変更を考えても変更するのは簡単ではありません。
また、最低5年で試験を受けられますが、準備期間が足りないために勉強や実習に充てる絶対量が足りずに合格が難しいという欠点もあるでしょう。
看護士の求人情報は豊富にありますが、希望と一致する条件の求人があるとは限らないものです。
看護師の資格を所持している方でとにかくどこでもいいから就職したいと思っている方は少ないです。
できるだけ給料が高くて職場の環境が良く、夜勤がないところに勤めたいと思っている方が多いでしょう。
理想的な転職先で働くためには、情報収集が重要です。
看護師の勤務形態というものは、他の職種と比較すると特殊である上に職場によっても変わります。
一般に、2交代制とか3交代制のシフトで勤務が組まれているというケースが多いでしょう。
2交代制が3割、3交代制が7割となっていて、3交代制を導入している病院が多いのです。
でも、2交代制の方が休みが増えるので、2交代制の方を求める看護師も多いでしょう。