看護師の職場といえば病院だと思う

看護師の職場といえば、病院だと思うのがオーソドックスでしょう。
しかしながら、看護師の資格を活かせる職場は、病院の他にも色々とあります。
保健所で保健師と協力し、地域の住民の健康上の色々なケアをするのも看護師の職務です。
それに、福祉施設には医師が常に居るところは少なく、医療行為の大半を看護師がやります。
全国の看護師年収は平均すると、437万円くらいです。
しかし、国立や私立や県立等の公立病院で働く看護師は、公務員としての勤務であるため、年収は平均して593万円くらいになるのです。
公務員看護師は給料のアップ率も民間より高く、福利厚生の点も充実しています。
準看護師の場合だと、看護師よりも平均年収が70万円ほど低いのです。
看護師免許を取るには、何通りかのパターンが挙げられます。
看護師免許を得るためには、国家試験を受験することが必要ですが、いきなりは試験を受けさせてもらえません。
試験を受けるためには看護専門学校(3年間)とか看護系の短大(3年間)でなければ、看護系の大学のいずれかで、看護に関して勉強する必要があるのです。
看護師の場合、勤務の形態が他の職業に比べてかなり特殊な上に、職場によっても変わってきます。
一般に、2交代制か3交代制のシフトで回しているという勤務先も多いものです。
2交代制で約3割、3交代制では約7割となっており、3交代制を導入している病院が多いのです。
しかしながら、2交代制の方が休みが多く取れるため、2交代制の方を求める看護師も多いでしょう。
産業看護師とは一般企業で働く看護師です。
看護師といったら病院やクリニックをイメージする人が多いですが、医務室が置かれている企業もあり、そういう場所に勤務している人もいます。
具体的な仕事、その果たす役割は勤務する会社によって色々ですが、社員達の健康を維持し、管理することは必ずすることだと思います。