看護師の資格を取るための国家試験は1年

看護師の資格を取るための国家試験は、1年に1度行われます。
看護師の人数の不足が深刻になっている日本にとっては良いことに、直近数年における看護師資格の合格率は90%前後とかなり高い水準を推移しています。
看護師資格を得るための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定のラインを超えることができれば合格可能な試験です。
看護師は、16時間などの当直により長い時間の勤務となっていて、勤務中でも仮眠をとれることになっています。
月に8回までと国の指針では定められていますが、それ以上になってしまうことも多いです。
病院における看護師の勤務形態によっては、生活がとても不規則になってしまったり、疲れが抜けにくかったりするのも、看護師が高い割合で離職していく理由のひとつだと思われます。
看護師が転職をするには、未来のことを考えて早めに行動することが重要です。
そして、どんな条件を重要視するのかを決めておいた方が成功しやすいでしょう。
将来の自分をはっきり想像して、そのビジョンに沿った転職先の情報を集めてください。
年収や職場環境や勤務形態など、自分にとって重要な条件もリストアップしておきましょう。
修学旅行やツアーなどに連れ添って、怪我や病気の応急処置、何かあったときの病院の手配をする看護師もいます。
既婚で子供のいる人は土日が休みだったり、夜勤がない職場を望んでいるものです。
病院以外を職場とするのであれば、その職場に適した専門の知識を備えている認定看護師や専門看護師の資格を取得していると、雇用への道が近づきます。
現代は高齢化が進んで、看護師は福祉施設でも需要が多くなってきているのです。
それに、大手の会社になると看護師が医務室などにもいて、ストレスといった精神面のケア、もしくは、健康診断や健康面での相談を手がけています。
このようなケースは、その会社組織の社員として入社をすることもあるでしょう。