看護師の資格を手にするには何通りかの道す

看護師の資格を手にするには、何通りかの道すじがあるでしょう。
看護師の資格を取るためには、国家試験を受験しなければならないのですが、いきなりは試験を受けさせてもらえません。
試験を受けさせてもらうためには看護専門学校(3年間)、看護系の短大(3年間)、看護系の大学のいずれかに通い、看護に関して勉強することが必要だというわけです。
看護士の求人はいくらでもありますが、希望に見合う条件の求人があるとは言えません。
看護師資格の保有者でとにかくどこでもいいから就職したいと思っている方は少ないです。
なるべく給料が高くて、職場環境が良く、夜勤がない病院などに勤務したいとほとんどの方が思っています。
希望通りの病院などに転職するには、情報収集が重要になるのです。
看護師となるための国家試験は、年に1度催されます。
看護師不足が深刻になっている日本のためには喜ばしいことに、直近数年において看護師資格の合格率は約90%と非常に高い水準を保ち続けています。
看護師資格取得のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定のラインを超過できればパスできる試験です。
高校進学時点で進学先が衛生看護科だと、国家試験の受験資格を他の方法よりも早く手に入れられるため、最速で看護師になれるでしょう。
ただし、途中で看護師以外の職業に就きたくなっても進路を変えるのは簡単なことではありません。
また、最低5年で試験を受けられますが、短い準備期間のために試験に向けた勉強や実習が不足するために合格するのが難しいともいえます。
全国の看護師年収は平均すると、437万円ほどです。
でも、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務であるため、年収は平均すると、593万円ほどになるでしょう。
公務員看護師は給料UP率も民間より高く、福利厚生の面でも充実しています。
準看護師の場合、看護師に比べて、平均年収が70万円程度低くなります。