看護師国家試験に合格するよりも看護学校卒業の方

看護師国家試験に合格するよりも、看護学校卒業の方が困難という人も多いです。
看護学校はそういわれるほど厳しく、レポートの提出がちょっとでも遅れたり、テストに落ちるなどの些細なことでも留年が決まってしまうようです。
それほどに厳しい学校を卒業し、国家試験も合格できた人には、できることなら、看護師の仕事をしてもらいたいですね。
看護師の勤務状態は、異業種と比較してかなり特殊な上に、職場によっても違います。
仕事場においては一般的に、2交代、もしくは、3交代のシフト制になっていることが多いです。
2交代は大体3割、3交代制は大体7割となっていて、かなり3交代制の病院が多いですね。
しかしながら、2交代制の方が休みが多く取れるため、2交代制の方が人気があります。
当直は看護師の場合、16時間にもおよぶ長時間勤務となっていて、勤務中でも仮眠をとることが可能です。
月に8回までと国の指針で定められていますが、それ以上になってしまうことも多いです。
勤めている病院の勤務シフトによっては、たいへん不規則な暮らしになってしまったり、疲れが抜けにくかったりするのも、看護師が長続きしない理由の一つかもしれません。
高校入学時に進学先が衛生看護科だと、他の方法よりも早めに、国家試験の受験資格を得ることができるので、看護師の資格を得るのが、一番早いでしょう。
ただ、途中で進路変更を考えても進路を変えるのは簡単なことではありません。
また、最低5年で試験を受けられますが、試験までの期間が短いために勉強したり、実習をこなす量が少なくて合格が困難という側面もあります。
修学旅行やツアーなどについていって、いざというときの病院の手配などを行う看護師もいるのです。
子供のいる既婚者は土日に休めたり、夜勤がないという職場を求めています。
病院以外を職場とするのであれば、働こうとするところに適した専門の知識を保有している認定看護師や専門看護師の資格を持っていると、雇用される確率があがります。